リフレクソロジーとアロマで癒しのひと時を

リラクゼーションサロン ヌーベル

リフレクソロジーについて
挿絵_1REFLEXOLOGY(リフレクソロジー)とは、日本語に直訳すると「反射学」と言う意味です。この場合の「反射」とは、全身の器官や臓器が、手足、顔や耳などに縮小され反射投影されていると言う意味です。

英国式足裏健康法としてのリフレクソロジーとは、足の裏や甲にある「全身の器官や臓器の反射ゾーン及びメbイント」を指でくまなく刺激することで、全身の臓器の機能を活発にし、また、血液やエネルギーの流れを活発にします。そして人間が本来持ち合わせている「自然治癒力」を最大限に引き出す方法です。

足には身体の各部分の臓器や器官の反射区があり、そこを刺激することによって対応している臓器・器官が活性化されるという考え方をもとに行うトリートメントの方法で、足裏、側面、背面を手指でくまなく刺激していきます。大変気持ちのよいものです。



英国式リフレクソロジー
挿絵_2英国式リフレクソロジーとは、Western Stayle の足裏健康法であり、手や指だけを使い器具などは用いず、イタ気持ち良いくらいの刺激です。英国式というのが、日本リフレクソロジー協会が付けた名前です。

皆さんがイメージなさっているすごーく痛い足裏の刺激は、台湾式の足ツボ健康法です。効果の原理は一緒ですが、東洋には我慢することは、良いこと。忍耐美徳という考え方が基本にあり、痛い刺激のほうが効果があると受け入れられ、一方、西洋では、痛い思いは、それがストレスとなり苦痛であるという考え方によりソフトな刺激が受け入れられました。以前には、痛みが限界に達するまで行い、そうすることにより痛みは、消え、細胞組織の緊張がとけ、平常の状態に戻ると言う考え方が強かったようですが、最近では、ほんの数秒の刺激で充分であると言われています。



このページのTOPへ